活動日2021/02/09

不動産業者の社長の本音やはり自分の利益だけ?

先日、ある不動産業者の社長と買取物件の話をしていた。その社長が買い取りたい狭小住宅は、面積が小さすぎるため、金融機関から買取資金の融資が受けられないと私に社長は説明しました。しかし、仲介で売るのはできるらしい。

私が、その不動産はいくらなの?と社長にたずねると私に買取りたい?と逆に質問してきました。私は転売商品を買う予定もないので、買いたくないと即答した。

私も逆に社長が買いたいのなら資金の負担を私も手伝おうか?と伝えた。するとその社長は「利益が減るからなぁ~」。私は、融資が受けることができずに困っている不動産会社の社長に資金を融通しようかと伝えたら、自らの利益が減るからと悩むことに意味不明でした。・・・私は無言です。

不動産会社の社長が自社の利益だけを最優先に考えることは、不動産会社では一般的な感覚ですよね。誠実な不動産会社をみつけることはとても稀です。みなさんが知らないところで、自社の利益を最優先に立ち回ることが社風の不動産会社に不動産売買の依頼をしてしまい、損をすることのないよう会社の規模や見た目に惑わされることなく、顧客本位の不動産会社を選びましょう。